組織概要リンク

沿革

 亀岡市陸上競技協会は,昭和30年の市制施行にともない,亀岡市体育協会(現:亀岡市スポーツ協会)の発足と同時にその傘下で地域での活動を始め,昭和48年4月亀岡市の陸上競技の統轄と普及発展を図るため,亀岡陸上クラブ・亀陵陸友会の中心メンバーによって設立されました。その後,昭和62年亀岡運動公園陸上競技場の完成と京都国体開催に伴い,京都陸上競技協会に加盟,市郡で8番目の陸協として承認されスタートしました。同11月には,競技場オープン記念として,念願の公認記録会を開催,約300名が参加しました。
 現在は加盟5クラブ(亀岡陸上クラブ,亀陵陸友会,同風クラブ,亀岡AC,学園大AC)で協会運営と事業を展開しています。競技会は亀岡市陸上競技選手権大会を始め,現在11の事業を主催主管しています。
 小学生(4年以上)や中学生の競技力向上と陸上競技の普及を目指し「亀岡市ジュニア陸上教室」(亀岡市教育委員会後援.小学生毎月2回指定土曜午前10時~12時.中学生毎土曜の午前)を開催しています。ここ数年,小学生,中学生共に100人を超える登録人数となり,期待の大きさを感じるとともに,質の高いプログラムが提供できるよう,指導者の育成や確保にも取り組んでいます。平成15年からは,亀岡高校と南丹高校,京都学園大学の各陸上競技部員を指導補助として依頼し,将来の指導者としてのノウハウを経験できるようにしています。また,この教室は,世界ジュニア選手権や箱根駅伝等に,多くの優秀な選手を輩出しており,今後も日本を代表するトップアスリートが育つよう,サポート体制を充実させていく予定です。
 一般の競技力は,府民総体陸上競技の部で,10連覇。同駅伝においても,過去2回の優勝を含めて,常に上位に入賞する等,層の厚さと競技力の高さを維持しています。
 今後も地元亀岡を始め,京都の陸上競技発展のため,微力ながら努力して参ります。

組織

2019-2020年度亀岡市陸上競技協会役員体制
名 誉 会 長橋詰 澄雄
顧 問太田 哲雄,野田 幸秀,神先 宏彰
参 与野々口 直良,出野 幸良,佐々木 憲彦
会 長關本 卓男
副 会 長山内 照義,森永 正幸,中澤 賢一,竹岡 博幸,美馬 勝博
理 事 長岩崎 盛雄
副 理 事 長白波瀬 和彦,大釜 広和,比護 信子,村上 智和
総務広報部部 長大釜 広和
副部長山添 雅人,坪井 良寛,遠藤 太香雄
競技施設部部 長川勝 洋太
副部長中井 祥太,難波 祐樹,原田 卓弥
審判部部 長鶴尾 直広
副部長森 崇幸,木村 茂,眞里谷 健司
記録情報部部 長石橋 佑介
副部長馬渕 将,須田 まつみ,齊藤 元輝
強化普及部部 長松田 諭己男
副部長[高校・大学・一般担当] 山口 有希
[中学校担当] 寺井 洋平
[小学校担当] 北口 愛理
会 計齊藤 邦子,人見 麻友
幹 事山内 照幸,三宅泰宏

亀岡陸協 ギャラリー


TOP競技会歴代記録ジュニア陸上教室組織概要リンク